情報処理教育・テクニカルライティングの「京都情報処理研究所」
人事労務管理のコンサルティングオフィス「藤井社会保険労務士事務所」



講義・講演時間数13,000時間超の

藤井講師の研究室へようこそ!


コンピュータ運用33年の情報処理技術者集団 京都情報処理研究所




■藤井講師ごあいさつ■



謹 告

 当京都情報処理研究所では、情報処理技術者教育のための大学・専門学校への講師派遣・企業研修・情報処理コンサルティング・情報処理教材制作・コンピュータ関連書籍執筆業務を実施いたしております。特に講義のグレードでは、話題豊富でありなおかつ抜きん出た講義スキルを持つプロフェッショナル講師のみを取り揃えております。またコンピュータ関連書籍執筆の筆力におきましても、百戦錬磨の手練れの編集者様をも唸らせる美文執筆技術を会得いたしております。どうぞお気軽に当京都情報処理研究所へのご依頼を賜りたくお願いいたします。

 しかし、せっかくご依頼を頂きましても、場合によってはお断りさせていただくこともあるかもしれません。当京都情報処理研究所メンバーは全員、「報酬のためだけに仕事をしているのではなく、コンピュータが好きで好きで仕方がない!」、 「パソコンに触っているだけで活き活きする!」、 「頑張る受講生の方の目標達成に資するならば24時間労働も厭わない!」などというコンピュータバカの集団です。たとえ高額報酬を約束されるようなご依頼であっても、ご依頼者及び受講生の方々に「やりがい」「やる気」が感じられないとき、我々との意思の疎通が十分に図ることが出来ないときは、当方より辞退させていただくこともございます。

いつもが闘いなのです。
いつも真剣に、一期一会の気持ちを忘れずに。
そんな御社からのご依頼を心よりお待ちいたしております。




氏名 : 藤井淳夫
生年月日 : 1968年9月16日(乙女座のA型)
資格 : 社会保険労務士、情報処理技術者、年金アドバイザー、調理師等
趣味 : ギター、シンセサイザ、水上スキー、料理
【現 職】
 「京都情報処理研究所」代表
 「藤井社会保険労務士事務所」代表
 有限会社ワイズビジネスサポート 人事・ITソリューション部長
 ヒューマンアカデミー情報処理講座講師
 LEC東京リーガルマインド情報処理講座講師
 オデッセイコミュニケーションズプロスタッフ
 アイテック情報技術研究所専任講師
 AES情報処理講座講師
 キャリア総研情報処理講座講師

【所属団体等】
 京都府社会保険労務士会会員
 京都府防衛協会青年部会員
 宇治商工会議所青年部会員
 元京都商工会議所特別会員
 元宇治青年会議所会員

【略歴】
 1992年に事務官として防衛庁に入庁。人事労務管理、システム開発、システムアドミニストレーション業務に従事。 1998年に独立後、京都情報処理研究所を設立し情報処理技術者教育・情報処理コンサルティング事業を展開する。同時に藤井社会保険労務士事務所を開設し、ITを駆使した人事労務管理コンサルティングでも活躍。大学や専門学校、企業研修における講義・講演時間数は1万時間を超える。

【過去数年間に情報処理教育・指導を実施した企業・機関等】
NTT西日本、NTTコムウェア、NTTラーニングシステムズ、NTTデータ、NTTドコモ中部、富士通関西システムズ、富士通中部システムズ、富士通FIP、日立ハイシステム21、日立システムアンドサービス、三菱電機マイコン機器ソフトウェア、三菱電機コントロールソフトウェア、 住商情報システム、富士ゼロックス、KOBELCO(神戸製鋼グループ)、関西電力、三菱重工、EMCジャパン、京都ノートルダム女子大学、京都産業大学、京都精華大学、京都文教大学、京都薬科大学、大阪産業大学、奈良産業大学、大阪樟蔭女子短期大学、LEC東京リーガルマインド大学、ヒューマンアカデミー、LEC東京リーガルマインド、大栄コンピュータ学院(敬称略・順不同) その他、極めて多数の企業・機関等にて連日講義講演を実施しております。
                  (講義講演時間数1万3,000時間超・延べ1,200事業所等:2012年7月現在)

【パソコン・プログラミング歴】
 33年(2012年現在)

 1979年の空前のスペースインベーダー(ビデオゲーム)ブームに触発され、当時小学生であるにもかかわらず、日本のパソコンシーンのパイオニアであるNEC PC-8001を購入し、BASICからマシン語プログラミングまでをマスター。以後、四半世紀に渡って趣味に仕事にパソコン漬けの日常を送っている。これまでに購入したマシンは70台を下らない。1984年、はじめて電子メールの送受信実験に成功するが、何しろインターネットが爆発的に普及する10年以上昔の話であり、やり取りする相手が数人のパソコン仲間しかいないことに悲しい思いをしたことも今は笑い話。

 現在、メインマシンのOSは世界最強の純和製BTRON仕様OS「超漢字V」を活用している。表面的かつ根源的な部分でWindowsは全面的には信用していない。de factoが必ずしも良質なものであるということもあり得ず、むやみやたらと"Made In USA"を妄信する根拠もないと考えている。ただし、業務におけるデータ交換の必要上、止むを得ず両OSを併用している。


現代日本コンピュータ界の巨人・坂村健教授と


プログラマを目指すみなさんへ

Q 教えるときに気をつけていることは何ですか?

 受講生のみなさんにはさまざまなキャリアの方がおられますが、基本的にはじめてプログラミングの世界に入っていかれる初心者の方、というのを常に念頭において、たとえば私の講義を受けてもらったあとまったく疑問の残らない、「とてもわかりやすい講義」を第一の目標として意識していますね。
 私自身、情報収集の目的でいろいろな講習会等に参加していますが、私ほど初心者の方にわかりやすくプログラミングをお教えできる講師には一度も出会ったことがありません。
誰もが専門用語を駆使して、何が何だかよく分からないうちに講義が終わってしまう・・・こういった分野の専門技術者にはそんな独りよがりな人間が多いのは事実です。
こんな講師は最悪ですね。時間とお金のムダです。
 私の講義はみなさんに絶対の満足感と学習の充実感をお与えできると確信しています。どこかのスクールの講師とは雲泥の差です。比べものになりません。全然別物です。


Q 現在の仕事(プログラマ)の魅力はなんですか?

 なんといっても、モノ(ソフトウェア)を作る、という楽しさですね。
 勘違いして欲しくないのは、プログラミングに理系の知識は全然いらないということです。
どちらかというと、文系のセンスが要求されますよ。なにしろプログラミング言語でコンピュータに命令するための「作文」を書くんですから(笑)。
 だから、まずパソコンが好きかどうか?
次に、何かを作ることが楽しい!と感じられるかどうか?
この2点がプログラマとしての適性になるでしょうね。


Q これから勉強をはじめる人にメッセージを。

 コンピュータの学習はとても奥の深いものです。私も四半世紀超、絶えずコンピュータを趣味としてまたは仕事として操作し続けていますが、次から次へと新技術・新規格が目白押しでまったく息つく暇もありません。
 ヒトは向上心を失ったら最後です。そこまでの人間で終わってしまいます。ぜひこの世界に飛び込んできてみてはいかがですか?私はこのおもしろいキカイ(コンピュータ)にずっと係っていけるのがとても幸せだと思っています。みなさんのチャレンジをお待ちしております。



敬愛するプロフェッショナルの皆さん

自らの活動に信念を持った本物のプロフェッショナルは、
自らの目標であり憧れですね。



大阪綜合研究所代表・ジャーナリスト辛坊治郎
http://www.osaka-souken.org/


評論家 金美麗氏
http://www.kin-birei.com/

イラクの“ヒゲの隊長”
政治家 佐藤正久氏

http://www.hige-sato.jp


国際ジャーナリスト・作家
落合信彦氏
http://www.nobiochiai.com

元航空自衛隊航空幕僚長
“危険人物”田母神俊雄閣下

http://www.toshio-tamogami.jp


元海上保安官 憂国の“sengoku38”
一色正春氏

http://ameblo.jp/ika3tako8/


戦場カメラマン 宮嶋茂樹氏
http://www.fushou-miyajima.com

政治家 西村眞悟氏
http://www.n-shingo.com


作家・歴史評論の第一人者 井沢元彦氏
http://www.gyakusetsu-j.com/


女流棋士 林葉直子氏
http://hayashiba.fortune.ne.jp/blog/

政治家 前原誠司氏
http://www.maehara21.com



●トップページ

●藤井講師ごあいさつ

●京都情報処理研究所&藤井社会保険労務士事務所の業務のご案内

●企業経営者の方へ〜社会保険労務士を活用するメリットについて

●藤井講師への業務のご依頼及びご連絡

●リンク